賃貸の新しいサービス|面倒な管理が楽になる:不動産管理システムの機能について

面倒な管理が楽になる:不動産管理システムの機能について

住宅模型

賃貸の新しいサービス

メンズ

保証会社の利用メリット

家賃保証会社のサービスは貸主にとっても借主にとってもメリットがあります。貸主にとって家賃保証サービスを使う最大のメリットは、確実に家賃を貰えることです。家賃の滞納リスクは貸主の多くが抱える問題で、不動産経営の代表的なリスクです。その点、家賃保証サービスを利用すれば一般的な連帯保証人よりも確実に滞納リスクを回避しやすくなるので、安心です。もし住人が家賃を払ってくれない時は、家賃保証会社が代わりに家賃を支払ってくれます。一方、借主にとっても連帯保証人を頼む必要がなくなるので、保証人をお願いする相手に困っている方に人気があるサービスです。家族と不仲の方、海外から日本に移住している人間にとっても、利用価値の高いサービスです。

連帯保証人がいる場合でも

近年、家賃保証会社のサービスを導入する不動産が急増しています。具体的には2010年頃から家賃保証サービスが普及し、現在は連帯保証人がいても家賃保証会社のサービスを利用するよう義務化している貸主が増えているのも特徴の1つです。このサービスが登場してすぐの時期は、あくまでも連帯保証人を用意するのが難しい方が連帯保証人を連れてくる代わりにサービスを利用していました。けれど今、連帯保証人の有無に関わらず自動的に家賃保証会社を利用するよう言われるケースが目立っています。賃貸を借りる時はそのあたりのルールも確認しましょう。ちなみに家賃保証会社によって入居時の審査基準は異なり、提出しなければならない書類も違います。