安心して部屋を貸したい|面倒な管理が楽になる:不動産管理システムの機能について

面倒な管理が楽になる:不動産管理システムの機能について

住宅模型

安心して部屋を貸したい

つみき

部屋を貸して収入を得る

日本は今、超高齢化社会になっています。人口の高齢化は当分の間進展し続けるため、今後は街中で高齢者の姿を見かける機会がさらに増えるだろうと予想されています。高齢になれば年金を受け取ることができますが、年金額は決して十分な金額ではありません。年金だけで余裕のある暮らしを実現することは難しいため、何か他の方法で老後の収入を確保しておかなくてはならないと考える人が増えています。しかし、高齢者にできる仕事は限られています。そこで多くの人が目をつけたのが賃貸マンション経営です。賃貸マンションの大家業であれば、高齢になって体が衰えたとしても何とか続けていくことができます。また、手数料を支払って管理会社にマンションの管理を任せてしまうという方法をとることもできます。子供や孫に賃貸マンションを遺産として残してやることができる上、生きている間は家賃収入で年金の不足分を補うことができるため、多くの人が賃貸マンション経営を始めています。

高齢者の借り手が増えます

賃貸マンション経営が高齢者向きの収入獲得方法であることは確かですが、一つだけ忘れてはいけないことがあります。それは、社会の高齢化の波は、その人の立場に関係なく、全ての人に平等に襲い掛かるという事実です。これからは、賃貸マンションの借り手の高齢化に拍車がかかります。高齢者に部屋を貸す場合は、収入減少による家賃滞納や保証人の不在、孤独死などのリスクを覚悟する必要があります。そのようなリスクを背負い込みたくがないために、これまでは高齢者に部屋を貸さない大家がたくさんいました。しかし、今後は高齢者にも積極的に部屋を貸すようにしないと、空室だらけになってしまいます。とはいえ、大家が感じる不安を全く無視するわけにもいきません。そこで誕生したのが、家賃債務保証システムです。家賃債務保証は、家賃債務保証会社が賃貸住宅に入居する高齢者の連帯保証人代わりになるシステムです。家主が家賃債務保証会社と保証契約を結び、入居する高齢者が保証金を支払います。入居者の家賃債務等を家賃債務保証会社が保証してくれるので、家主は部屋を貸しやすく、高齢者は部屋を借りやすくなります。